『CSJ select 自由が丘店』誕生秘話【後編】

さてさて、【前編】でまさかのテナントの契約不成立の展開となり・・・

ここがある意味、ターニングポイントだったのかもしれません。

その後、せっかくなら・・・と、元々自身が慣れ親しんでいた街『自由が丘』に的を絞り、空き物件を探して1週間ほど街を徘徊しました。

「ここテナント募集の貼り紙は出してるままだけど、実はもう2週間前に決まってるんだよね」「テナント物件みたいなものは普通、もっと長期的に探すものだよ〜〜」など、その間もやはり一筋縄ではいかず・・・ガクッ。

それでも諦めきれず、ある程度候補物件に目星をつけたあと、独立以前から長きにわたってお付き合いさせていただいている“ザ・自由が丘マダム”なお客さまをランチにお誘いしました。

中目黒の一件で、しっかり『20代・女性・後ろ盾無し=完全になめられる』という図式が認識できたので、少しでも自由が丘という土地に精通されている方をどうかご紹介くださいという、そんな名目でした。

そして、自由が丘で30年以上続いている老舗フレンチのマダムをご紹介いただき(ランチもこちらでいただきました)、そのマダムの付き添いのもと、不動産会社に話を通していただいたのです。

そのあとはトントン拍子で、驚くほどスムーズに、今のもみの木ビルでのテナント契約が決まりました。

(ここだけの話、当初予定していた中目黒の物件よりも家賃が多少上がってしまった分、自宅の家賃を下げました。笑)

着々と・・・

着々と・・・

たくさんの打ち合わせを経て・・・

たくさんの打ち合わせを経て・・・

ようやくカタチに・・・涙

ようやくカタチに・・・

 

色々な方に助けていただき、無事お店をオープンさせることができました。皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、今となっては中目黒のテナントに決まらず、自由が丘で本当に良かったなと。

だって、もしこの場所にCSJ selectができていなかったとしたら、ここで出会った大好きな皆さまとも見ず知らずの関係のまま・・・もしかしたら一生出会うことがなかったかもしれません。オソロシヤ。

なんだかとても感慨深いですし、全ては必然だった気もしております。今あるご縁も、これから出会う方とのご縁も、大切にしていきたいと心からそう思います。

もしも私が途中で、「そうか・・・時期尚早ということなのかな」と一旦白紙にしてしまっていたら、きっと2018年の今でも店舗を構えることはなかったのではと思っています。

完璧に準備が整ってからやろうと思うと、たぶん一生できない。

たとえ見切り発車であったとしても、行動しながら調整することでしかきっとモノゴトは進んでいかない。

それが私が身をもって学んだコトです。

あぁ・・・もっと行動しなきゃだな・・・人生は一回しかないのだから。

Thank you so much...

Thank you so much…

 

あれれ?

準備していただいたハンカチは不要でした(´-`)

 

YUKIKO